花粉症対策の食べ物についてムチンとはどんな栄養素があるのか。

未分類

毎年やって来る厄介な花粉症。花粉症の患者数は年々増加傾向にあります。
2人に1人が花粉症にかかっていると言われています。花粉症の割合で一番高い県は、1位が山梨県77% 2位が群馬県69% 3位が静岡県67%で、日本の首都東京は64%。私が住んでいる兵庫県は27%でした。

花粉症で一番発症率の低い県は青森県の45位で31%でした。
私の友人も毎年花粉症の時期になると目が痛くなったり、くしゃみに鼻づまりと大変苦しいようです。花粉症にはかかったことのない人でも突然発症するらしいらしいです。

妹も今まで花粉症の症状になったことがなかったのが、ある日突然花粉症になり始めました。鼻がムズムズして鼻水が出て風邪のような症状があるようで大変みたいです。そこで花粉症対策として今、納豆が注目されています。
スーパーマーケットに行くと納豆が所狭しと並んでいます。納豆、私も大好きで毎日食べています。納豆にはネバネバした成分ムチンが入っていて花粉症を緩和させる効果があると言われています。また、ムチンは人の体内では気管や消化器官、目などの粘膜の表面をカバーして守ってくれる力を持っているとも言われています。花粉症によっておこる症状(鼻水、目のかゆみなど)保護や修復にも効果が抜群に良いとされています。納豆はまさにスーパーフードです。

「ムチンの美容と健康について。」
ムチンには「タンパク質の吸収を高める」働きがあると言われています。
筋肉が落ちると代謝も悪くなるようですので良質なタンパク質との食べ合わせが効果的です。また、スタミナUPにもなるので夏バテ解消に効果が期待できます。他にも整腸作用があることでもよく知られています。胃の粘膜を保護してくれる効果や胃炎や胃潰瘍の予防にもなるそうです。
また、食物繊維が豊富ですので便秘の解消にもかなりの効果があるそうです。その他にも水分を保湿する効果が高いとも言われています。

お肌の水分を保つだけではなくて、傷ついた粘膜を保護しあるいは、ウィルスなどの侵入から身を守ると言った働きにも大いに期待されています。
お肌や髪の毛なども全身のみずみずしさを向上させてくれてハリやツヤを与えてくれるアンチエイジング効果があるとされています。
私達女性にとってはとても嬉しい成分の一つです。昔は薬の代わりにも使われていたという話も聞いたことがあります。

「私がお勧めの納豆レシピ」
ここで私がいつも作っているムチンが入った納豆を使ったレシピをいくつか紹介したいと思います。「納豆オムレツ」材料(2人前)卵・・3個 (A)納豆・・1パック。(A)納豆のたれ・・1袋 (A)塩コショウ・・少々(A)牛乳・・20ml オリーブオイル・・大さじ1 マヨネーズ・・適量 万能ネギ・・適量。作り方 ①卵をボールに割って1と(A)を入れて混ぜ合わせましょう。②フライパンにオリーブオイル(オリーブオイルがないときはサラダ油でもOK)を熱して①を流し入れて弱火でグルグルかき混ぜながら火を通して蓋をしておおよそ1分程度待ちます。③全体の固まりが出来ましたら半月状にして両面を軽く焼いて完成です。④マヨネーズとネギを散らして食べてみて下さいね。ここでは、マヨネーズと書いてありますがケッチャプでも大丈夫です。料理のコツとポイントですが卵を流し入れた後に箸でかき混ぜながら少しずつ火を入れることで卵がふわふわになります。途中で蓋をして蒸し焼きにすると全体がまとまってひっくり返ししやすくなります。マヨネーズやケッチャプがなくても納豆の素朴な美味しさを味わえますよ!私も作ってみてとても美味しくて1か月に4.5回は作って食べています。あと、私がテレビを見て覚えた納豆料理を紹介したいと思います。「トマトと納豆の和え物」です。材料(1人前)トマト・・1個 納豆・・1パック(タレは使いません)オリーブオイル・・適量 鰹節・・適量 作り方・・トマトはみじん切りにします。納豆をみじん切りにしたトマトにかけます。オリーブオイルをかけて混ぜ合わせます。最後に鰹節をかけて出来上がりです。この料理はとても簡単でしかも美味しく出来上がるので食べたいときに作って食べています。他にも「納豆チャーハン」を紹介します。材料は(1人前)ごはん・・150g 納豆・・1パック おろしにんにく・・小さじ1 (A)付属のタレ・・1袋 (A)豆板醤・・小さじ1 卵・・1個 ゴマ油・・大さじ1 ネギ・・適量(小口切り)材料は1人前ですが2.3人前にするには1人前の分量を倍にして作って下さい。作り方は①フライパンにゴマ油(なければサラダ油、オリーブオイルでもOK)すりおろしにんにくを入れて中火で熱します。②にんにくの香りが出たら納豆、ごはん(冷えたごはんでも温かいごはんでもどちらでも大丈夫です)(A)を入れて中火で炒めて行きましょう。③全体が馴染んだら端に寄せて空いたところに卵を割って入れましょう。卵黄をつぶすようにして混ぜながら炒めて半熟状態になりましたらごはんを炒め合わせましょう。④卵に火が通ったら火からおろして器に盛りつけてネギを散らしたら完成です。料理のコツとポイントですが調味料の加減はお好みで調整をして下さいね。辛い物が苦手な方は豆板醤を省いても食べられます。また、豆板醤の代わりに高菜や小松菜を加えても美味しく食べられます。納豆のレシピをいくつか紹介しましたがまだまだたくさんありますので是非調べてみて作って食べてみたいと思っています。私は花粉症にはかかったことがありませんが花粉症にかからないためにもムチンを含む納豆を食べるようにして行きたいと思います。